海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX 口座開設|スワップと言いますのは…。

投稿日:

海外FX 口座開設|スワップと言いますのは…。

海外 FX ランキング

「毎日毎日チャートを確認するなどということは不可能だ」、「為替変動にも直結する経済指標などを直ぐに確かめることができない」と思われている方でも、スイングトレードを利用すればそんなことをする必要もないのです。
FX取引は、「ポジションを建てる&ポジションを決済する」を反復することです。簡単なことのように思われますが、ポジションを建てるタイミングもしくは決済を行なうタイミングは、非常に難しいと感じるはずです。
「FX会社毎に提供するサービスの内容を確認する時間がほとんどない」と仰る方も稀ではないでしょう。そういった方に利用して頂くために、それぞれが提供しているサービス内容でFX会社を比較した一覧表を掲載しています。
システムトレードにおいては、自動売買プログラムの通りにテクニカルポイントが巡り来た時に、システムがオートマチックに売買を完結してくれるのです。とは言いましても、自動売買プログラム自体は利用者が選ぶことになります。
システムトレードというものは、自動売買プログラムによる自動売買取引のことで、事前に規則を設定しておき、それに従う形で強制的に「売りと買い」を繰り返すという取引になります。

スプレッドというのは、FX会社によって結構開きがあり、FXトレードで利益を生み出すためには、買いと売りの為替レートの差が小さい方が有利に働きますから、このポイントを念頭においてFX会社をチョイスすることが重要だと言えます。
申し込みをする際は、FX会社のオフィシャルサイトのFX口座開設ページを介して15分ほどでできます。申込フォームに必要事項入力後、必要書類をFAXやメールなどを利用して送付し審査をしてもらうというわけです。
スイングトレードをすることにすれば、短くても数日、長い場合などは数ヶ月にも亘るようなトレード法になる為、いつも発信されているニュースなどを視聴しながら、直近の社会状況を予測し資金を投入することができます。
スワップと言いますのは、「売り」と「買い」の対象となる二種類の通貨の金利の差異により得ることができる利益のことを意味します。金額としましてはそれほど大きなものではないですが、毎日1回貰うことができますので、悪くない利益だと思っています。
スプレッド(≒手数料)に関しては、一般の金融商品と比べてみても、ビックリするくらい安いです。正直申し上げて、株式投資ですと100万円以上の「売り・買い」をすれば、1000円前後は売買手数料を払うのが普通です。

買いと売りのポジションを一緒に保有すると、為替がどっちに変動しても利益を出すことが可能なわけですが、リスク管理の面では2倍気配りすることになるはずです。
システムトレードに関しましては、人間の心情であるとか判断を排除することを狙ったFX手法の1つですが、そのルールを決めるのは利用する本人ですから、そのルールが長期に亘って利益を与えてくれるということはあり得ません。
後々FXトレードを行なう人とか、別のFX会社にしようかと思い悩んでいる人のお役に立つように、国内のFX会社を比較し、各項目をレビューしました。よければご覧ください。
スキャルピングについては、ごく短時間の値動きを利用して取引しますので、値動きがそこそこあることと、取引回数が増えますから、取引を行なうサイト経費が小さい通貨ペアをピックアップすることが必要不可欠です。
最近では、どのFX会社も売買手数料は0円となっていますが、その一方でスプレッドがあり、それが実際のFX会社の儲けだと言えます。


海外FX 人気優良業者ランキング


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.