海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|傾向が出やすい時間帯を把握し…。

投稿日:

海外FX比較|傾向が出やすい時間帯を把握し…。

海外 FX 比較ランキング

利益を出すためには、為替レートが初めに注文した時のものよりも有利な方に変動するまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするのです。
為替の変化も掴み切れていない状態での短期取引となれば、はっきり言って危険すぎます。何と言っても、一定レベル以上の経験が物を言いますから、いわゆるド素人にはスキャルピングは不向きです。
FXを行なう時は、「外貨を売る」という状態から取引をスタートさせることも可能ですが、このように外貨を保有することなく「外貨を売却したままの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになるのです。
大概のFX会社が仮想通貨を利用してもトレード体験(デモトレード)環境を一般公開しております。ご自分のお金を使わないでデモトレード(トレード訓練)ができるようになっているので、進んで試してみるといいと思います。
傾向が出やすい時間帯を把握し、その方向性に乗っかって売買するというのがトレードをやる上での肝になると言えます。デイトレードは勿論、「タイミングを待つ」「得意とする相場状況の時だけ売買する」というのは、どんなトレード法であろうとも物凄く重要になるはずです。

証拠金を入金してある通貨を買い、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。その反対に、所有している通貨を決済することを「ポジションの解消」と言うわけです。
システムトレードについては、人間の胸の内であったり判断をオミットするためのFX手法だとされますが、そのルールを確定するのは人になるので、そのルールが永遠に使えるということはないと断言します。
FXに取り組む際の個人に許されているレバレッジ倍率は、古くは最高が50倍だったことを考えたら、「今の規定上の最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする人が見られるのも当然と言えば当然ですが、25倍でも満足できる収益はあげられます。
ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類がありますが、このポジションというのは、売り買いをしたまま決済することなくその状態を維持している注文のことを指すのです。
普通、本番のトレード環境とデモトレードの環境を比べてみますと、前者の方が「毎回のトレードあたり1ピップスくらい利益が減少する」と理解した方がいいと思います。

MT4と申しますのは、ロシアの会社が作ったFXトレーディング用ソフトです。フリーにて使うことができ、プラス超絶性能ということで、このところFXトレーダーからの支持率も上がっていると聞いています。
FXに取り組む際に、海外の通貨を日本円で買いますと、金利差に応じてスワップポイントが付与されることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買う際は、当然のことながらスワップポイントを支払う必要があります。
スプレッドと呼ばれているのは、トレードを行なう際の「買値と売値の差額」のことになります。このスプレッドこそがFX会社の収益であり、FX会社次第で提示している金額が異なっているのが一般的です。
デイトレードとは、スキャルピングの売ったり買ったりする時間的なスパンを更に長くしたもので、総じて3~4時間程度から24時間以内にポジションをなくしてしまうトレードのことなのです。
取り引きについては、全部自動で行なわれるシステムトレードですが、システムの改善は周期的に行なうことが必要不可欠で、その為には相場観を修養することが不可欠です。


FX 比較サイト


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.