海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|スイングトレードをやる場合の忠告として…。

投稿日:

海外FX比較|スイングトレードをやる場合の忠告として…。

FX 人気ランキング

デモトレードを開始する時点では、FXに欠かすことができない証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円という金額の仮想通貨として準備してもらえます。
システムトレードと言われているものは、株式やFXの取り引きにおける自動売買取引のことであり、取り引き前にルールを設けておき、それの通りにオートマチックに「売りと買い」を繰り返すという取引なのです。
FXをやり始めるつもりなら、先ずもって行なわなければいけないのが、FX会社をFXランキングで比較してご自分に見合うFX会社を見つけることです。FXランキングで比較の為のチェック項目が複数個ございますので、ひとつひとつ説明いたします。
ほとんどのFX会社が仮想通貨を用いたトレード体験(デモトレード)環境を用意してくれています。あなた自身のお金を使わずにトレード練習(デモトレード)が可能となっているので、取り敢えずトライしてみてください。
為替の動きを推測する時に外せないのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートの移り変わりを重視して、近い将来の為替の進捗を予想する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。

スイングトレードをやる場合の忠告として、PCの取引画面を見ていない時などに、突如として大きな暴落などが生じた場合に対処できるように、トレード開始前に何らかの策を講じておかないと、大変な目に遭います。
テクニカル分析に関しては、通常ローソク足を時系列的に配置したチャートを用いることになります。見た感じ複雑そうですが、慣れて読めるようになりますと、本当に役に立ちます。
システムトレードに関しては、そのソフトとそれを正確に稼働させるPCが非常に高価だったので、ひと昔前まではほんの少数の資金力を有する投資家のみが実践していました。
スプレッド(≒手数料)に関しては、普通の金融商品と比べても、超低コストです。正直なところ、株式投資だと100万円以上の売買をしますと、1000円くらいは売買手数料を徴収されます。
FXが日本であれよあれよという間に広まった理由の1つが、売買手数料がとんでもなく安いことだと思います。あなたがFXビギナーなら、スプレッドの低いFX会社を選択することも必要だとお伝えしておきます。

スワップポイントと言いますのは、ポジションを継続した日数分与えられます。日々定められている時間にポジションを保持したままだと、その時にスワップポイントが貰えるのです。
スワップというものは、「売り・買い」の対象となる2国間の金利の差異から手にすることが可能な利益というわけです。金額の点で言いますと少額ですが、毎日毎日貰えることになっていますので、すごくありがたい利益だと言えるのではないでしょうか?
買いポジションと売りポジションを一緒に保持すると、為替がどっちに動いても利益を得ることが可能ではありますが、リスク管理の点から言うと、2倍気配りする必要が出てくるはずです。
スキャルピングに関しましては、ごく短時間の値動きを何度も利用することになりますから、値動きがそこそこあることと、「売り・買い」の回数がかなりの数になりますので、取引を行なうサイト経費が小さい通貨ペアを対象にすることが必須条件です。
5000米ドルを購入して持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然のことドル高になった場合、即行で売却して利益を確定させた方が良いでしょう。


海外 FX ランキング


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.