海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|スキャルピングトレード方法は…。

投稿日:

海外FX比較|スキャルピングトレード方法は…。

FX 人気会社ランキング

FXに関しましてサーチしていくと、MT4(メタトレーダー4)という単語を目にすると思います。MT4と申しますのは、料金なしで使うことが可能なFXソフトのネーミングで、ハイレベルなチャートや自動売買機能が付いているトレードツールのことなのです。
FX取引初心者の人でしたら、無理であろうと思えるテクニカル分析ではありますが、チャートの主要なパターンさえマスターしてしまえば、値動きの推測が一段と容易になると思います。
デイトレードだとしても、「連日トレードを繰り返して利益につなげよう」等とは考えないでください。強引とも言える売買をして、思いとは裏腹に資金をなくしてしまっては全く意味がありません。
5000米ドルを購入して保有している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然ながらドル高へと進展した時には、売却して利益を確定させた方が良いでしょう。
テクニカル分析と称されているのは、為替の変化をチャートで記録し、更にはそのチャートを分析することで、それから先の為替の値動きを類推するという分析法になります。これは、いつ取引すべきかの時期を知る時に効果を発揮するわけです。

為替の動きを予想するための手法として有名なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートの流れを読み取って、今後の為替の進捗を予想する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。
スイングトレードで収益を得るには、そうなるべく取り引きの進め方があるのですが、当然スイングトレードの基本を押さえた上での話です。何よりもまずスイングトレードの基本を身に付けなければなりません。
買い値と売り値に差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行においても異なる名称で導入しています。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料たるやFX会社の200倍くらいというところがかなり目に付きます。
テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、大きく括ると2通りあります。チャートに表示された内容を「人間が自らの経験で分析する」というものと、「分析専用プログラムが機械的に分析する」というものです。
「デモトレードをしても、実際のお金を使っていないので、気持ちの上での経験を積むことが非常に難しい!」、「現実のお金を費やしてこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」という考え方をする人もあります。

MT4と言われているものは、ロシアの会社が考案したFX専用の売買ソフトなのです。利用料不要で使用でき、その上多機能搭載ですから、現在FXトレーダーからの評価も上がっています。
スワップと言いますのは、FX取引を実施する際の2つの通貨の金利の開きにより得ることができる利益のことを指します。金額そのものは小さいですが、日に一度付与されますから、決して悪くはない利益ではないでしょうか?
テクニカル分析を行なう時は、基本としてローソク足を時系列的に配置したチャートを活用することになります。初めて目にする方にとってはハードルが高そうですが、完璧に把握することができるようになると、本当に使えます。
スキャルピングトレード方法は、割合に予知しやすい中期から長期に亘る世の中の変化などは看過し、互角の勝負を直感的に、かつずっと繰り返すというようなものです。
金利が高い通貨だけを選んで、その後保持し続けることでスワップポイントが与えられるので、このスワップポイントだけを目的にFXをやる人も相当見受けられます。


海外FX 比較サイト


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.