海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|我が国より海外の銀行の金利が高いという理由から…。

投稿日:

海外FX比較|我が国より海外の銀行の金利が高いという理由から…。

海外 FX ランキング

デモトレードと言われているのは、仮想の資金でトレードをすることを言うのです。150万円というような、ご自身で指定した架空のお金が入ったデモ口座が持てるので、本番と同じ環境で練習が可能だと言えます。
デイトレードのおすすめポイントと言うと、日を跨ぐことなく絶対に全ポジションを決済するわけなので、その日の内に成果がつかめるということだと思っています。
レバレッジと言いますのは、納入した証拠金を元手に、最大その証拠金の25倍の取り引きが認められるというシステムのことを指します。1つの例で説明しますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジを掛けることにしたら、1000万円もの「売り・買い」ができるわけです。
レバレッジがあるので、証拠金が少額だとしましてもその25倍までのトレードに挑むことができ、大きな収益も期待することができますが、それとは裏腹にリスクも高くなるのが普通ですから、落ち着いてレバレッジ設定することが大事になってきます。
我が国より海外の銀行の金利が高いという理由から、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをすると付与されるスワップ金利になります。

MT4に関しましては、プレステであったりファミコンなどの器具と同じように、本体にプログラムされたソフトを差し込むことで、初めてFXトレードをスタートさせることができるというものです。
各FX会社は仮想通貨を使用したデモトレード(トレード訓練)環境を用意してくれています。あなた自身のお金を投資することなくデモトレード(トレード練習)ができますから、とにかくトライしてみてください。
売り値と買い値に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社は言うまでもなく銀行でも別の呼び名で導入されているのです。しかも驚くかと思いますが、その手数料がなんとFX会社のおおよそ200倍というところが稀ではありません。
5000米ドルを買って所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。無論ドル高に振れた時には、売り決済をして利益を手にします。
FXにおいてのポジションと言いますのは、担保的な役割をする証拠金を口座に送金して、NZドル/円などの通貨ペアを売買することを意味するのです。なお外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。

人気のあるシステムトレードの内容を確かめてみますと、ベテランプレーヤーが構想・作成した、「間違いなく利益を出している自動売買プログラム」を踏まえて自動的に売買されるようになっているものが目に付きます。
「売り・買い」に関しては、全部面倒なことなく完了するシステムトレードですが、システムの手直しは一定間隔で行なうことが大切で、その為には相場観をマスターすることが大事になってきます。
システムトレードの一番の売りは、不要な感情をオミットできる点だと考えられます。裁量トレードをするとなると、絶対に感情が取り引きを行なう最中に入ることになってしまいます。
システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)の設定に従ってテクニカルポイントがやって来た時に、システムが間違いなく売買をしてくれるのです。しかし、自動売買プログラムそのものは利用者本人がセレクトすることになります。
驚くことに1円の値動きであっても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益ということになりますが、10倍でしたら10万円の損益になるわけです。簡単に言うと「レバレッジが高倍率になるほど損失が出る危険性も高まる」わけです。


FX 人気会社ランキング


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.