海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い2社、is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

GEMFOREX口座開設ボーナス&キャンペーン

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|スイングトレードと申しますのは…。

投稿日:

海外FX比較|スイングトレードと申しますのは…。

海外FX 人気優良業者ランキング

スイングトレードと申しますのは、その日1日のトレンドに結果が決定づけられる短期売買と比べて、「従来から為替がどういった動きをしてきたか?」といった分析が大事になるトレード法だと言えます。
スイングトレードをする場合に気を付けてほしいのですが、パソコンの取引画面を起ち上げていない時などに、一瞬のうちに想定できないような変動などが発生した場合に対処できるように、スタートする前に対策を打っておきませんと、立ち直れないような損失を被ります。
エックスエム口座開設に付きものの審査につきましては、学生であるとか専業主婦でも通過していますので、度を越した心配は要らないとお伝えしておきますが、大切な事項の「投資の目的」だったり「投資経験」等は、きっちりと見られます。
スイングトレードで儲けを出すためには、そうなるだけの取り引きの進め方があるわけですが、当然ですがスイングトレードの基本が理解できていることが必要です。一先ずスイングトレードの基本を学びましょう。
一例として1円の値動きだとしても、レバレッジが1倍でしたら1万円の損益になるわけですが、10倍の場合は10万円の損益になるわけです。詰まるところ「レバレッジが高くなればなるほど損失を被る確率も高くなる」のです。

MT4という名で呼ばれているものは、ロシアの会社が製作したFX専用の売買ソフトなのです。費用なしで使用可能で、おまけに超高性能ということから、近頃FXトレーダーからの関心度も上がっていると聞きます。
スプレッド(≒手数料)については、株式などの金融商品と照らし合わせると破格の安さです。はっきり言って、株式投資だと100万円以上の取り引きをしたら、1000円程度は売買手数料を払わされるはずです。
デイトレードとは、スキャルピングの売りと買いの間隔をそれなりに長くしたもので、だいたい2~3時間程度から24時間以内にポジションを解消するトレードのことなのです。
「デモトレードを繰り返し行なっても、実際のお金を使っていないので、内面的な経験を積むことは無理だ!」、「自分自身のお金でトレードしてみて、初めて経験が積めるわけだ!」と言われる方も少なくはありません。
テクニカル分析に取り組む際に外すことができないことは、とにかくあなたの考えに適したチャートを見つけることだとはっきり言います。そうしてそれを繰り返す中で、ご自身しか知らない売買法則を見つけ出すことが大切です。

レバレッジと言いますのは、FXに勤しむ中で当たり前のごとく用いられるシステムだとされますが、投下できる資金以上の「売り・買い」ができるということで、僅かな証拠金で大きな利益を獲得することも望むことができます。
エックスエム口座開設に伴う費用は、“0円”だという業者が大半ですから、ある程度面倒くさいですが、何個か開設し現実に取引しながら、ご自分にピッタリくるFX業者を決めてほしいですね。
テクニカル分析と称されるのは、為替の変動をチャートという形式で記録して、更にはそのチャートを参照することで、それからの値動きを読み解くという分析法になります。これは、いつ取引すべきかの時期を知る時に行なわれます。
ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションと申しますのは、「買い」または「売り」の取り引きをしたまま、約定せずにその状態をキープし続けている注文のことなのです。
FX会社というのは、それぞれ特徴があり、ストロングポイントもウィークポイントもあるのが当たり前なので、新規の人は、「いずれのFX業者でエックスエム口座開設した方が賢明か?」などと悩みに悩むはずです。


海外FX 優良業者ランキング


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.