海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い2社、is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

GEMFOREX口座開設ボーナス&キャンペーン

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|ビックリしますが…。

投稿日:

海外FX比較|ビックリしますが…。

海外FX 比較

FXが男性にも女性にも物凄い勢いで拡大した主因が、売買手数料がとても安く抑えられていることです。今からFXをスタートすると言うなら、スプレッドの低いFX会社を選定することも大事です。
ビックリしますが、同じ1円の値動きであっても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益なのですが、10倍の時は10万円の損益になります。言ってみれば「レバレッジを欲張れば欲張るほど損失が齎される可能性も高まる」と言えるわけです。
FX取引におきまして、最も人気のある取引スタイルだと考えられているのが、「デイトレード」なのです。その日に確保することができる利益を地道に押さえるというのが、この取引法なのです。
近頃は、どのFX会社も売買手数料は掛からないことになっていますが、その一方でスプレッドがあり、そのスプレッドが現実的なFX会社の利益になるわけです。
デイトレードというのは、完全に1日ポジションを継続するというトレードだと思われるかもしれませんが、本当のところはニューヨークのマーケットが一日の取引を終える前に決済をしてしまうというトレードスタイルのことを言うのです。

スイングトレードだとすれば、どんなに短期だとしても数日間、長ければ数ケ月にもなるといった投資法になる為、連日放送されているニュースなどを見ながら、直近の社会状況を想定し資金投下できるというわけです。
FXに取り組む際に、海外の通貨を日本円で買いますと、金利差に見合うスワップポイントが付与されますが、高い金利の通貨で低い通貨を買う際は、逆にスワップポイントを払う必要が出てきます。
スプレッドと言いますのは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社の実利となる売買手数料とも捉えられるものですが、それぞれの会社の経営戦略に従って独自にスプレッド幅を設定しているのです。
ご覧のホームページでは、スプレッドだったり手数料などをカウントしたトータルコストにてFX会社をFX比較ランキングで比較検証した一覧を確認することができます。言うに及ばず、コストと言いますのは利益を圧縮しますので、必ず調べることが大事になってきます。
スプレッドと呼ばれているものは、FX会社により異なっていて、ユーザーがFXで収入を得るためには、買い値と売り値の価格差が僅かであるほど有利になるわけですから、そこを踏まえてFX会社をチョイスすることが重要だと言えます。

「売り・買い」に関しては、すべて自動的に行なわれるシステムトレードですが、システムの検証は一定期間ごとに行なうことが不可欠で、そのためには相場観を有することが重要になります。
システムトレードについては、そのプログラムとそれを手堅く再現してくれるパソコンが高嶺の花だったため、古くは若干の資金に余裕のあるトレーダー限定で実践していたとのことです。
5000米ドルを買ってそのままにしている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当然ですがドル高になった場合、直ぐ売却して利益をゲットします。
為替の動きを類推する為に欠かせないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートの移り変わりを重視して、それから先の為替の動きを類推する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。
FX会社の口座に入る収益はスプレッドにより生み出されるのですが、例えて言うと香港ドルと日本円の「売り買い」の場合、FX会社は取引相手に対して、その通貨の購入時と売却時の為替レートを適用し、その差額を手数料とするのです。


FX 比較サイト


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.