海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い2社、is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

GEMFOREX口座開設ボーナス&キャンペーン

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較|スキャルピングの進め方はいろいろありますが…。

投稿日:

海外FX比較|スキャルピングの進め方はいろいろありますが…。

海外 FX 人気ランキング

FX会社に入金される収益はスプレッドが齎しているわけですが、例えば南アフリカ・ランドと日本円の「売り買い」の場合、FX会社はお客さんに対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用するのです。
トレードの考え方として、「為替が一定の方向に振れるほんの数秒から数分の時間内に、僅かでもいいから利益をきっちりと掴みとる」というのがスキャルピングになります。
FXにトライするために、一先ずBIGBOSSリアル口座開設をやってしまおうと思っても、「何をすれば口座開設することが可能なのか?」、「何に重きを置いてFX会社を選択したらいいのか?」などと悩んでしまう人は多くいます。
FXに取り組むつもりなら、最優先に実施していただきたいのが、FX会社を海外BIGBOSSリアル口座開設比較ランキングで比較してご自分に適合するFX会社を選定することだと言えます。海外BIGBOSSリアル口座開設比較ランキングで比較するためのチェック項目が8項目あるので、それぞれ詳述させていただきます。
スプレッドとは外貨を売り買いする時の価格差のことで、FX会社の収益となる売買手数料の一種で、それぞれのFX会社が個別にスプレッド幅を導入しているのです。

デモトレードを行なうのは、概ねFXビビギナーだと言う方だと考えられるようですが、FXのプロフェショナルも進んでデモトレードをやることがあるようです。例えば新しい手法のトライアルをするケースなどです。
チャートを見る場合に外せないと言えるのが、テクニカル分析なのです。こちらのサイトの中で、あれこれあるテクニカル分析の進め方をそれぞれ事細かに説明いたしております。
スイングトレードというものは、トレードする当日のトレンドが影響を及ぼす短期売買と違って、「今迄為替がどの様な値動きをしてきたか?」といった分析が大事になるトレード方法だと言って間違いありません。
スワップというものは、取引対象となる二種類の通貨の金利差により手にできる利益のことを言います。金額の点で言うと僅少ですが、毎日一度貰えることになっているので、割とおいしい利益だと考えています。
FXに関しての個人を対象にしたレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍でしたので、「現時点での最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする人がいるのも当然でしょうけれど、25倍であろうとも十分な利益確保は可能です。

日本と比べると、海外の銀行金利の方が高いということがあって、スワップ金利が付与されます。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXを行なう時に手にできるスワップ金利です。
スプレッドと称されているのは、トレードにおける「買値と売値の差」のことなのです。このスプレッドこそがFX会社の儲けとなるものであり、それぞれのFX会社で表示している金額が違うのが通例です。
デモトレードと呼ばれているのは、仮想の資金でトレードを経験することを言います。200万円というような、ご自身で決定した仮想マネーが入金されたデモ口座が持てるので、本番と変わらない環境でトレード練習可能だと言えます。
スキャルピングの進め方はいろいろありますが、どれもこれもファンダメンタルズ関連は置いといて、テクニカル指標だけに依存しているのです。
FXビギナーだと言うなら、そんなに簡単なものではないと思えるテクニカル分析ですが、チャートの反転を示すパターンさえ頭に叩き込んでしまえば、値動きの判断が圧倒的に簡単になるでしょう。


FX 比較サイト


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.