海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX週間展望(ウィークリーレポート)

米朝の関税合戦開始を経て今週はNATO首脳会談に注意

更新日:

米朝の関税合戦開始を経て今週はNATO首脳会談に注意

7月第一週の金融市場はほとんど米中の貿易問題に絡む関税実施を前に神経質な展開となりました。株式市場は先行してこうしたリスクの高い状況を嫌気して売られる展開が先行しましたが、ドルは総じて高く推移することとなり、各資本市場感における相場の相関性がほとんど崩れ始めていることがあらためて顕著になった一週間ともいえます。

USDJPY day as of 707 2018

ドル円日足

ドル円は先週一旦上値を試す動きをみせましたが、111円にあった巨大なオプションにも阻まれる形で5月21日の高値であった111.395円を抜けることなく週末の雇用統計で失速し110.500円台で越週となりました。

■ドルが総じて高いのは米系ファンドのレパトリが影響か

ここのところ国内でも株が売られて価格が大きく下げてもまったくドル円が連動して下げることがなくなるという独特の状況が継続中です。為替ですから様々な材料が複合的に影響しあっていることは間違いありませんが、ひとつ顕著になりはじめているのが米系ファンドの広域な領域における投資資金の引き上げと米国へのレパトリエーションが加速していることがあげられます。足もとではトランプ政権が中国のみならず同盟国を相手にしてまで関税の強化策を打ち出し始めていることが大きな原因で 20世紀初頭を思い起こさせるような状況にレイダリオ率いるブリッジウォーターアソシエイツが相当弱気な見通しと市場からの引き上げを示唆する発言をしていることに同様の投資手法をとるファンド勢がかなり同調して様子見の展開をはじめていることがドル高につながっているという見方が強まっているのです。

■20世紀なら完全に世界大戦の世界

ここ1世紀ほどの資本主義が近代化の歩みを見せた中では1929年の世界恐慌以降に主要国各国は関税を大幅に引き上げることで、まさに保護主義化を強力に推進することとなり、結果的にはブロック経済が加速し、最終的には第二次世界大戦というとてつもない世界的な消耗戦を経て1948年にGATTが創設されることでようやく自由貿易へと舵を切ることになったのがいまさらながらに思い出されます。

とくに米国がおこなった保護主義政策の過程では1937年にかなり景気回復したところで利上げを行って金融引き締めをした途端に株式相場が大きく崩れ始め、なんともとに戻るのにほぼ戦争を経て10年かかっており、前出のレイダリオはまたしても足元の状況が1937年の米国に酷似していると警告を発しています。

■世界の安全保障の場から退場しようとするトランプ

市場は相変わらず貿易戦争の行方に注目していますが、それとは別に今週注視しなくてはならないのが11日からベルギーで開催されるNATO首脳会談です。これまでこうした会談はそれほど注目を浴びる政治イベントではありませんでしたが、すでに米国トランプ大統領は会議の席上米国は「世界の貯金箱」にはなれないと加盟諸国に伝える方針としており、NATOへの軍事的支出を大幅に削減することを持ち出してNATO加盟国がもっと独自に金を出すように強硬姿勢を打ち出し、欧州各国と緊張関係を急激に煽った上でその土産をもって翌週プーチンと会談し、一定の合意と緊張関係の改善を大きくアピールすることで本格的に米国が世界の安全保障の場から正式に退場する動きをとることが強く懸念されはじめています。前回のG7の際にもトランプとメルケルがにらみ合いをする場面が写真で流れて話題となりましたが、今回もトランプが欧州圏を相手にしてちゃぶ台返しをすることはほぼ間違いなく、米系ファンドがレパトリを加速するのもこうした動きを察知した前倒しの行動ではないかといった憶測も飛び交い始めています。

■米国への資金回帰が一巡すればドル安に転換も注意

週明けのドル円に関して言えばまだ上値追いをする可能性は残されていますが、すでに111円を上抜けていくほどのパワーが感じられず、日足ではトレンドもでていないことから横展開か、最悪下落方向に転じる可能性を考えておく必要がありそうです。季節的なサイクルでいいますと過去10年あまりでは7月はドル円が月初よりも月末に円高になりやすい状況で、前述の米系ファンドのレパトリが一旦終了すればドル円も俄かに円高方向に反転するリスクを考えておくべきでしょう。

ドル円は109円台では4月に話題になったシャイアーを買収した武田がブリッジローンの高金利を嫌気して安値で延々をドル円を買い向かっているという情報もあり、これが完了するまでは大きく下げない可能性もでていますが、相場全体が下げる局面では買い切り玉を簡単に飲み込むことも考えられるだけに強力なサポートと考えるのには無理がありそうです。

ドルインデックス 週足 Data investing.com

今年4月以降一貫して上昇してきたドルインデックスも足元では完全に一服しはじめており、先週は週足で陽線がでていますが、ここから大きく上昇することはどうやらなさそうで、ドル円もユーロドルも確実なトレンドは出ていないものの緩やかなドル安が継続しそうで注意が必要です。

いずれにしても今週はまだまだ政治的な状況に相場が振らされそうな状況えすから、テクニカルだけに頼らずファンダメンタルズの情報にも注意深く対応することが肝要になりそうな一週間です。

海外FXおすすめランキング


海外FX ボーナスキャンペーン情報


-FX週間展望(ウィークリーレポート)

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.