海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング

海外FX業者で稼ぐ!定番優良人気のXMTRADING(XMトレーディング)とTitanFX(タイタンFX)。人気急上昇中のボーナスが手厚い3社、XLNTRADE(エクセレントトレード)is6(is6.com),GEMFORX(ゲムフォレックス)。中でもGEMFOREXは無料でEA使い放題の自動売買が可能、ミラートレードも楽々簡単設定でシステムトレードに特化した要注目海外FX業者。

海外FX 口座開設人気ランキング1位と2位

第1位 XMトレーディング

日本人が一番利用している海外FX業者です。レバレッジ設定最高888倍。手厚い入金ボーナスやトレードボーナスが嬉しい。クレジット・ビットウォレット入金なら5$(500円)からと手軽にスタート出来ます。マージンコール50%、強制ロスカット20%。追証なしのゼロカットシステムを採用。リクオートなし。約定率99.9%、約定拒否も心配なし。金融ライセンス(セーシェル金融庁)取得済。世界で百数十か国にて営業展開の信頼度、人気ともナンバーワンの業者です。日本人が一番利用しているのも頷けます。迷ったらXMTrading。海外FX会社と言えばXMと言うくらいの優良企業。海外FXの代名詞とも言えます。2019年2月より、従来の入金ボーナスに加え、ビットウォレットによる入金にも2000ドル相当まで10%ボーナスが追加されたので嬉しいですね。入出金に便利なビットウォレットは今や必須アイテムとなっているので、まだ口座を作ってない方は作っておきましょう。ビットウォレット公式ページ


第2位 TitanFX

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

最狭スプレッドが謳い文句で高評価を得ている。特に、海外FX経験者の中級者以上のスキャルピング主体のトレーダーに強い支持を得ている。口座種別はスタンダード(STP)とブレード(ECN)の2種類でどちらも最高レバレッジは500倍ビットウォレット対応。残念ながらXMやGEMFOREXのようなボーナスは一切ありませんが、安心・信頼・システムやサポートもばっちりの自信をもっておすすめ出来る1社です。大きな金額で運用したい方でボーナスの有無などどうでもよい方にはかなりおすすめ。リクイデティプロバイダーもしっかり公開、スプレッドも業界最狭水準でSTP.ECN口座共に公正なトレードが出来て約定スピードも速いので安心。日本のFX業者のような悪質な約定拒否やストップ狩り、不正なレート操作などのないNDD方式の口座なので安心。しかも公正さではXM同様、誰も疑いのないような高い公正さを誇り、一度気に入った方の口座利用継続率はかなり高いです。スキャルピング禁止ではなくし放題。自分のメイン口座はXMではありますが、動きの激しい時などスキャルピングモードの時はタイタンFXの口座を使う事も多々あります。スキャルパーは絶対TitanFXですね。2種類口座ありますが、ブレード口座の方がお薦めです。

FX

海外FX比較 ランキング|私も概ねデイトレードで取り引きを繰り返して来きたのですが…。

投稿日:

海外FX比較 ランキング|私も概ねデイトレードで取り引きを繰り返して来きたのですが…。

海外 FX 比較ランキング

スキャルピングを行なうなら、ちょっとした値動きでも確実に利益を確定させるというマインドセットが大事になってきます。「もっと値があがる等とは思わないこと」、「欲は捨て去ること」が大切です。
為替の動きを類推する時に必ず実施されるのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事なのは「チャートの変遷を分析して、今後の為替の進捗を予測する」テクニカル分析の方だと考えます。
高い金利の通貨だけを買って、そのまま保有することでスワップポイントが齎されるので、このスワップポイントをもらう為だけにFXに取り組んでいる人も少なくないのだそうです。
チャート閲覧する上で外すことができないとされているのが、テクニカル分析なのです。こちらのページでは、いろいろあるテクニカル分析のやり方を1個ずつ親切丁寧にご案内させて頂いております。
デモトレードをするのは、ほぼFXビギナーだと考えがちですが、FXのプロと言われる人も進んでデモトレードを実施することがあるのです。例えば新しいトレード法のテストをするケースなどです。

レバレッジと申しますのは、預けた証拠金を踏まえて、最大その金額の25倍の「売り・買い」ができるというシステムのことを指します。例を挙げますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジを掛けることにしたら、1000万円相当の「売り買い」が可能です。
FXが男性にも女性にも瞬く間に知れ渡った要素の1つが、売買手数料が非常に安いということだと思います。これからFXを始めようと思うのなら、スプレッドの低いFX会社を探し出すことも必要だとお伝えしておきます。
現実的には、本番トレード環境とデモトレードの環境をFX比較ランキングで比較検証した場合、本番トレード環境の方が「それぞれのトレード毎に1ピップス位収入が減る」と考えた方がいいと思います。
今となっては様々なFX会社があり、会社個々にユニークなサービスを提供しております。そのようなサービスでFX会社をFX比較ランキングで比較検証して、それぞれに見合うFX会社を選ぶことが一番肝になると言っていいでしょう。
FXにおきましては、「外貨を売る」ということから取引をスタートすることも可能なのですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」という言われ方をします。

スプレッド(≒手数料)は、一般の金融商品とFX比較ランキングで比較検証しても破格の安さです。明言しますが、株式投資なんか100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円前後は売買手数料を取られます。
スキャルピングと言われているのは、1回あたり1円にすら達しないごく僅かな利幅を狙って、日に何回も取引を行なって薄利をストックし続ける、れっきとしたトレード手法なのです。
売買につきましては、100パーセント機械的に完了するシステムトレードですが、システムの最適化は周期的に行なうことが必要不可欠で、そのためには相場観を有することが絶対必要です。
売買未経験のド素人の方であれば、困難であろうと考えられるテクニカル分析なのですが、チャートの主要なパターンさえ把握してしまえば、値動きの予想が決定的にしやすくなるはずです。
私も概ねデイトレードで取り引きを繰り返して来きたのですが、今日ではより儲けの大きいスイングトレードを利用して取り引きしているというのが現状です。


海外 FX 人気ランキング


-FX

Copyright© 海外FX口座開設 海外FX業者 比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.